世の中の大きな動きとお金 | よったんのトレンドニュースに独自の視点で迫るサイト

バークレー銀行に端を発する、暴かれ始めた銀行不正

暴かれ始めた銀行不正。国際金融、追い詰められる。

NEVADA ブログさんより。

イギリスバークレイズ銀行の会長が辞任していますが、この背景には世界的金利操作の疑いがあり、これは世界中の銀行が不正を働いていたと言われており、市場の噂では40以上の金融機関が金利カルテルを結び、金利を操作していたとも言われており、世界的スキャンダルに発展しつつあります。
アメリカも司法省とSECが動きだしているとも言われており、最悪の場合、何十兆円という賠償金が関係した金融機関に課せられることもあり得ますし、関係した金融機関のトップ全員が辞任・逮捕という事態に発展するかも知れません。

今回の銀行間金利(LIBOR)不正問題は、ユーロ危機問題より根が深く、世界金融市場を麻痺させるだけの
爆弾となるかも知れません。

金融界への調査本格化=金利不正操作の波紋拡大-英

 【ロンドン時事】英国のオズボーン財務相は2日、国際的な短期金利指標、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題で、議会に調査委員会を設置し、年末までに報告書をまとめる方針を明らかにした。併せて、同問題で巨額の罰金を科された英金融大手バークレイズに対し、ダイヤモンド最高経営責任者(CEO)による議会での説明を要求。英政府はこれを機に、金融業界全体に調査を本格化させる構えで、同問題の波紋は一気に拡大し始めた。
 LIBORは、英銀行協会が大手行の申告に基づき決定する短期金利の指標。銀行貸し出しなど世界中の金融取引の金利設定で基準として活用される。
 このLIBORの決定をめぐり、米英の金融規制当局は、バークレイズが長年にわたり自行に有利な虚偽申告を繰り返していたと指摘。バークレイズは6月27日、計2億9000万ポンド(約360億円)の罰金支払いに同意。2日にはエイギュアス会長の引責辞任を発表した。
 キャメロン首相は「極めて深刻なスキャンダルだ」と問題視しており、オズボーン財務相は今月中に刑事告発についても検討する考えを明らかにした。(2012/07/03-10:35)

英RBS、LIBOR不正操作問題で罰金1.5億ドルの可能性=タイムズ紙

2012年 06月 30日 05:48 JST

 [ロンドン 29日 ロイター] 英銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L: 株価, 企業情報, レポート)はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題に関連し、約1億5000万ドル(2億3300万ドル)の罰金を課される可能性がある。英紙タイムズが報じた。

 この問題について当局は調査を続けており、関係筋は終了まで数カ月かかるとの見方を示した。

 LIBORの操作疑惑をめぐっては英大手銀バークレイズ(BARC.L: 株価, 企業情報, レポート)が27日に不正を認め、英米当局に総額4億5000万ドルの罰金を支払うことに同意した。

 タイムズが関係筋の話として報じたところによると、RBSはバークレイズと同様の不正が行われていたことを認めた。ただ、バークレイズのケースほど悪質ではないとしている。

 RBSは声明で「(当局の調査は)報じられているほど進んだ段階にはなく、罰金や和解に関する時期や金額は現時点では明確になっていない」と説明し「引き続き当局に協力していく」との考えを示した。

このように長年続けられてきた金融談合が明らかにされつつあります。

いってみればわれわれ世界中の民から搾取してきた仕組みが明らかになることで、アセンションの次元上昇のおおきなきっかけとなることでしょう。

日本の大手メディアはほとんど報道しませんが、希望の光がやっと見えてきたというところでしょうか。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バークレー銀行に端を発する、暴かれ始めた銀行不正
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Newsing it!

大飯原発再稼働 官邸前で反対デモ拡大

昨日のデモの様子。早速、報道ステーションがとりあげているようです。

鳥越さん曰く、これは1960年以来、初めての純粋な市民デモということです。

20120629 大飯原発再稼働 官邸前で反対デモ拡大 投稿者 PMG5

朝日新聞は昨日の参加人数を15万と報道しているようですが。

全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然
http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201206290577.html
朝日新聞

関西電力大飯原発(福井県)の再起動を7月1日に控え、反対する市民らの抗議行動が29日夜、首相官邸前であった。毎週金曜日夜を中心に実施されてきたが、主催者はこれまで最高だった前回の約4万5千人を大きく上回る15万~18万人が集まったとしており、官邸周辺は騒然となった(警視庁調べで約1万7千人)。同じ時間帯に全国各地でも抗議行動があり、反対の声は広がりを見せた。

 官邸前では参加者がマイクで「名誉ある撤回を」「国民の声を聴け」などと次々と声を張り上げた。車道にまであふれた参加者は中高年から子連れまで年齢層もさまざま。

 東京都足立区の主婦(36)は、長男(7)とベビーカーの次男(3)を連れ初めて参加。「政府は私たちの生活を全く考えていない。これまで黙ってみていたが、我慢の限界に達した」と話した。「私たちは、選挙かデモでしか訴えられない。自分たちの気持ちを伝えていくうえで、結局、数にまさるものはない」と力を込めた。

以下、マスコミ各社の報道です。
産経

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120629/trd12062923270026-n1.htm

朝日

http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201206290577.html

TBS

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5068616.html

フジ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120630-00000467-fnn-soci

NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120629/k10013222391000.html

毎日

http://mainichi.jp/select/news/20120630k0000m040057000c3.html

うーん。やっとNHKも取り上げましたね
申し訳程度に、ちょびっと報道しただけでしたが。
まぁ、この規模になると、とり上げざる得ないのでしょう。フジTVも30秒取り上げたようです。

それにしても読売新聞、日テレ系は意地でも報道しないようですね
さすがは正力松太郎さんです。

それにしても昨日はすごい人数でしたね。
15万かどうかは分かりませんが。
まぁ、正確なカウントとなると日本野鳥の会の皆様に上空から数えてもらう以外に無理でしょう。

もう何が何だか分からないけど、このエネルギーは誰も抑えられない。
そんな感じになってきましたね。

福島4号原発もたいへんな状況になっているようですしいったい日本の政治はどうなっているんでしょうね。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 大飯原発再稼働 官邸前で反対デモ拡大
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Newsing it!

雨の日を楽しくするサービス「雨割」

雨の日をお得に楽しくする、新サービス 「雨割」誕生!

財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:松尾 道彦)は、Dayz株式会社との業務提携に合意し、2011年6月30日(木)より気象情報を活用したウェブサービス「雨割」を開始しまたそうです。

飲食店などでは雨の日の来客数に課題をもつケースが多く、様々な工夫を行っています。

他方、気象情報サイトは雨天時にアクセス数が増加する傾向があります。

そこで、店舗情報と気象情報を組み合わせ、利用者と店舗経営者の双方に価値あるサービス、雨の日(雪・雹等悪天候含む)だからこそ楽しめるお得な情報を集めたサービス、「雨割」ウェブサービスを開発したとのことです。
天気を味方につける「雨割」ということですね。

1.「雨割」の概要

(1)URL
http://www.amewari.jp/

(2)ウェブサービスの内容

●検索

雨割を実施している事業者、店舗などが検索できます。

雨が降っていない時にもチェックし、お気に入りの店舗を見つけてください。

●新規登録

雨割を実施している事業者や店舗が、自ら事業者登録を行うことができます。

天気予報と店舗情報が一緒に表示されるため、高い広報効果が期待できます。

●全国のお天気

今日・明日の天気予報と週間天気を調べることができます。

市町村別の詳細な情報から、出かけたい日の天気がすぐにわかります。

●雨割ブログ・Twitter

どのようなサービスが受けられるかを雨割ブログで、知ることができ、雨割を体験しに行きたくなります。

(3)利用方法

「雨割を見て来店した」と店舗に伝えれば、優待が受けられます。

「雨割」利用のためにクーポンの事前の購入や予約は不要です。

(4)利用料

利用者、店舗利用者とも現時点は無料

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 雨の日を楽しくするサービス「雨割」
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Newsing it!

バチカン銀行はマネーロンダリングの巣窟?

今バチカンは、汚職批判の内部文書流出や、マネーロンダリング疑惑も浮上しており、信用はどんどん失墜していくばかりです。
そのバチカンの行方はどうなるのでしょう。

 

バチカンはこのところスキャンダル続きですが、ローマ法王庁がまたもやパニックに陥っています。

今回の原因は、法王庁の奇妙な会計手法をめぐるマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑です。

米大手銀行JPモルガン・チェースは今月末、バチカンの国家財政管理を担う宗教事業協会(通称バチカン銀行)がミラノ支店に保有する口座を閉鎖することにしました。送金活動の疑問点について説明を求めましたが、バチカン側が「対応不可能」だったためということです。

問題の口座は毎日、営業時間終了の時点で残高がゼロになっていました。
イタリアの経済紙によれば、09年の開設直後から短期間で総額15億ドルを、バチカン関係の別の口座へ送金していたといいます。
これほどの大金を短期間に送金したのはなぜなのか。納得のいく説明は得られていません。

イタリアの財務警察は10年9月にバチカンの資産3300万ドルを一時凍結し、粉飾会計の疑いがあるとして捜査を続けていました。

 バチカンのカネが「清らか」でないことは、1月にイタリアメディアに漏洩された機密文書の内容からもうかがえます。そのいい例が、バチカン市国行政庁幹部だったカルロ・マリア・ビガノ大司教の書簡だといわれています。

 昨年3月にローマ法王ベネディクト16世宛てに送った公的な書簡でビガノは「私がいま転任すれば、各部門に巣くう汚職や権力乱用を一掃できると信じる人々が戸惑い、落胆するでしょう」と、法王庁に対する汚職対策の継続を訴えました。しかしビガノは昨年10月、駐米ローマ法王庁大使としてワシントンへ飛ばされたのです。

バチカン銀行を閉鎖せよ

法王庁の広報担当者が「バチリークス」と名付けた文書漏洩事件を受け、バチカンは内部調査に乗り出しました。
健全さを証明するため、できる限りの行動を取っているというのが法王庁の主張です。10年末には、財務情報監視局を設立。国際機関からマネーロンダリング防止規制を遵守しているとのお墨付きを得て、疑惑を一掃するのが狙いでした。

 努力もむなしく、カネをめぐる法王庁の評判は傷つく一方で、米国務省は3月上旬、今年度の「国際麻薬統制戦略報告書」を発表し、マネーロンダリングに利用される懸念がある国のリストに初めてバチカンを加えました。

「バチカンを清浄化する最良の方法は、言うまでもなくバチカン銀行を閉鎖することだ」と、ロイターの経済コラムニスト、ピエール・ブリアンソンはブログで指摘しています。「バチカン銀行は、財政管理活動を秘密のベールで覆うために存在しているとしか思えない」 
バチカンのマネーロンダリング疑惑や汚職疑惑が取り沙汰されたのは初めてではありません。30年前には、バチカンの資金管理を行う銀行の頭取が変死する事件も起きたりしています。

とうとうというか、ついにというのかバチカンのこれまでの悪行が明るみに出ようとしています。

バチカン銀行が閉鎖されれば、裏で賄賂を隠していた政治家たちもたいへん困ったことになると言われていますが、これも地球の意識向上の1過程として歓迎すべきことですね。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - バチカン銀行はマネーロンダリングの巣窟?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Newsing it!

東京電力の電気代値上げは国が仕込んだ ”出来レース” だったことが判明

9月1日から予定している家庭向け電気料金の値上げと、値上げ分の料金で来年から東京電力社員の給料を上げようとしていた問題で、国民の怒りが東京電力に集中している。

自身が起こした事故により国民から電気代を高く取ろうとするだけでも批判が殺到することは目に見えていると思うが、さらに信じられないニュースが入ってきた。

6月1日の朝日新聞の報道によると、なん

と電気料金の値上げは「経済産業省があらかじめ9月1日までに値上げ」という日程案をつくっていた

というのである。
この報道を知ったインターネットユーザーたちは、ソーシャルネットワークサービス「Twitter」で、以下のような声をあげていた。
 

<Twitterユーザーの声>
  • 「本当に頭にきた!」
  • 「何だそれ?納得出来ない~(怒)」
  • 「やりたい放題ですね」
  • 「出来レースの絵描いたの誰や 悪やのぉ!」
  • 「とことん腐ってるなー」
  • 「国主導で電気料金値上げだ。」
  • 「コメントなんか募集するまでもなく、反対が多いに決まってる事を下らない税金使ってまた遊んでやがる。経産省も無駄だからいらないな。」
  • 「原発のダークサイドに取り込まれた組織の末路」
  • 「この分だと、大飯原発再稼働も経産省の描いた絵図どおりでは。大阪市長の容認もシナリオ通りだったりしたら、誰を信じりゃいいんだ。」
  • 「黒幕は経済産業省? 東電を解体する前に、経済産業省を何とかすべきではないだろうか…」

(Twitterより引用)

 
客観的な立場で公正な判断を下すはず機関が ”出来レース” を行うとは。
インターネットユーザーたちも「国がこうでは一体何を信じれば良いんだ」と混乱するのも無理はない。

一連の申請や公聴会、パブリックコメント募集もやらせということなのだろうか。我々は公正さをどこに求めればよいのだろうか。
参照元:朝日新聞

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東京電力の電気代値上げは国が仕込んだ ”出来レース” だったことが判明
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
Newsing it!

よったんのトレンドニュースに独自の視点で迫るサイト TOP » 世の中の大きな動きとお金