ホ・オポノポノ | 人生を楽しく生きるために!

この世はすべて自分の創った幻想である

このところ、「人生は自分の思いが作った幻想である」ということを常に意識しながらホ・オポノポノやレイキワークをやっています。

「ザ・マネーゲームから脱出する法」、「ビジネスゲームから自由になる法」を何度も読むことによって、最終的には今の現実が自分のつくった幻想であるのであれば、すべて自分の思いを変えなければ、残りの人生もまた来世も同じことを繰り返しながら荒波に翻弄されなければならないということがよくわかってきました。

般若心経に書かれた「色即是空、空即是色」はまさにこのことをお釈迦様が体得された言葉であったのだなと、改めてお釈迦様の偉大さに感嘆します。
今でこそ「人生は幻想である」ということは最新の量子論によって証明されつつありますが、お釈迦様のおられたあんなに古い昔から、これを直感で体得されていたことは本当に驚異的なことです。

他人は自分の鏡であるとはよく言われることですが。なかなかそうはいってもそのようには思えないという人がほとんどかと思います。

「あんないじわるな人はきらい」「あんな偉そぶっている人はきらい」などとよく言いますが、結局は自分にもそいう意地悪な面、偉そぶった面があるから他人のいじわるさや偉そうな態度にことさら反応し、反発を感じてしまうものなのですね。

自分の内面からそういった思いを消すことがなかったら、ずっっとそういった意地悪な人、いやな人、不安な感情などを引き寄せ、一生つきまとわれて悩まされ続けることになるということですね。

  • この世に存在するもの、私たちが現実であると思っているものは、すべて自分の創造した幻である。ということは周りの人にお話ししてもなかなか信じてはもらえません。私も、そうであるに違いないという確信らしきものはあるのですが、この目に映る固い岩やそのつぶつぶなどを見るとほんとうにそれが幻であるとはすぐさま確信することはなかなかできませんでした。

しかし、ある日夢を見ているときに、どいうわけか夢の中で、「今見ているものは夢である」ことに気付き、夢も昼間の現実も同じ自分が作った幻であるというのならば、「夢の中でもこの岩を造っている模様やつぶつぶはリアルに見えたり感じたりできるのだろうか」を確かめてみました。そうすると夢の中でも本当にリアルに見えるのにはびっくりしてしまいました。これによって現実に思えるものは自分の思いが造った現実であるということが確信できるようになったのです。

私もいやな思いをしたとき、いやな気分になったとき、いやな人だと感じるときには、自分のどういう思いがそういう感情や現実を造っているのかを自問するようになり、その思いや感情が解消されると、そういう事例がどんどんなくなってくること、また急激に人が変化して、そういう思いを感じる事柄が即座に消滅してしまうのを感じるようになってきました。

さて、そこでこの人生の出来事はすべて自分のつくった幻想であることを見切り、人生の第二段階に進もうとするにあたって、シャインフェルドさんのほかにも、日本人でも、そういった考え方で人生を切り開かれたいるのではないかと探していたのですが、偶然、そのような方を見つけることができました。

ほかにも私が知らないだけで多くの方がおられるのか知れませんが、一人はもう亡くなられましたが、津留晃一さんという方、もう一人は津留さんのブログに心酔されて、津留さんが亡くなられたことから自らご自分なりのメソッドを立ち上げられた安達正純さんという方をインターネットで知りました。

「ザ・マネーゲームから脱出する法」は、これまでの成功哲学とは一線を画する、全く次元の違うユニークな単なる考え方ですが、第2段階へ至る方法論が明確になっているのが迷える我々にとってありがたいことです。

しかしそれと同様、安達さんのなさっている人生上昇塾で無料配布されている4つのPDFファイルをダウンロードさせていただき、夢中でむ読み終えました。

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース


「人生の創造主になる方法」

このPDFでは安達さんが作り上げたメソッドの紹介とその体験談が詳しく書かれています。

私の周りでも働き盛りの若い方でも、心の重圧に、また責任感の重さから心を病み、無気力で何もしたくなくなったなどと訴える人が増えています。

これもいままでの社会的常識や善悪の観念を固く信じ、家族を守らなくてはいけない。家族のために頑張らなくてはいけない。お父さんらしくお母さんらしくしなければいけない。などいろんな規制概念に囲まれて、本当は自分で創っているはずの現実に振り回されていることから起こっているのだと思います。

しかし、それは人生の第二段階に入って行きなさい。あなたがしている、また感じている方向をあらためる時期ですよ。という転換のチャンスだと思います。

そのチャンスをどう生きていくかのヒントが上記の考え方の中にあるのです。
気づきの時期は人それぞれですが、人間いつか必ず気付かなければならない時がやって来るのだと思っています。

空の理論ー現実は自分の意識がつくっているのです。

以前から書き溜めていたメモを読み返し、再度潜在意識にたたきこんでおきたい言葉です。

ホ・オポノポノの真髄ですね。

わたしたちは長い間生きているうちに、肉体そのものが自分であると勘違いするようになりました。

また、

    「これから私はどうなりますか?」
    「私の人生はうまくいきますか?」

とたくさんの人がこのように聞きます。
これは

「自分以外の誰か、あるいは、エタイの知れないなにかが自分の人生を作っている」と信じてしまっているからです。

あなたという意識が、源(中心)としての自分に備わっているという自覚認識を取り戻すことが重要です。

あなたの内側にもっていないことを外側に体験することはないのです。

喜びとともに行う好きなことは楽々と結果が得られます。

その結果を得るためにお金などの手段はいっさい考える必要はないのです。

どんな手段で現実の結果がやってくるかはあなたの頭には想像不可能な宇宙の領域なので、宇宙の意識にお任せすればよいのです。

ただひたすら「喜びと祝福」という生命力のバイブレーションを感じればいいのです。

祝福と喜びのエネルギーでいいっぱいになった「あなた」が行うことは、すべて繁栄の結果しか生まないのです。喜びの観察意識 → →

不安もあなたの肉体パイプを通過していく情報のひとつに過ぎません。

あなたが採用しなければあなたを中心とした時空間に被害はおよばないのです。

つまり自分がそれを気にして意識が取り上げるために、それが現実化してくるということなんですね。

ホ・オポノポノと言霊

言語エネルギー研究所のブログを読んでいますと以下のようなことが書かれており、大変興味を覚えました。

ハワイの秘法「ホ・オポノポノ」では、過去の経験や考えを一掃してゼロの境地に戻れば、新しい発想、幸福が生れてくると言われていますが、このゼロ・リミッツの考え方は、高天原の概念につながるものがあります。
希望の物事を実現させるために、欲望の存在する地点から言葉を発するよりも、一旦エネルギーをゼロにして、そこからプラスの言葉を発することで、物事を引き寄せる力も強くなってきます。
一方、ゼロの状態になると、当初意図していたことがどうでもよくなる、という現象も出てきます。現代社会に馴染むと、どうしても何かを達成することに意識が向かいがちですが、自分が中今(ゼロの状態)にいて何でも達成できると思えば、別の次元が開かれてくることでしょう。そうした世界を開くのがクイントエッセンスの役割かもしれません。

ここでつながってくるキーワードは
ホ・オポノポノ、ゼロリミッツ、ゼロ磁場、ニコラテスラ、フリーエネルギー
QES(クイントエッセンスシステム)、神道、言霊
次々と面白い世界が現れてきます。
今日はQESを使って身近な浄化システムとして開発されたミニロゴストロンがやってきます。
新しいKOI tigerスピーカでどんな音が鳴るのか楽しみです。

またまたホ・オポノポノ

最近は寝ても覚めてもホ・オポノポノをやっています。10日ほど前まではそのせいか寝ているときにもホ・オポノポノが頭から離れず、気づいたら夜明けということもあり、寝不足気味が続きました。よほど私の潜在意識には奥深くつもりつもったものがあるのでしょう。
このところヒューレン博士のセミナーのDVDを見たり、またCeeportグッズを身に着けたりしているのですが、家内はそれを見て、また最近何か変わったものにこりだしたなと思っていたようです。私もぜひとも家内にもいっしょに参加してほしいとは思っていたのですが、押し付けるわけにはいきませんし、ひたすら自分のクリーニングを続けていました。
たまたま東京へ2人で行く時にヒュ-レン博士の本を、私がいつも読んでいる本とは別に、家内用に買ったものをもう1冊用意し、新幹線の中の往き帰りでそれぞれ読んで行くことにしました。
その後は家内もこのホ・オポノポノに心酔してしまったようで、受験生の娘のことで毎日悩んでいたのがすっきりし、また娘にもホ・オポノポノをすすめ、日ごろは頑固にそういったものを拒否するにもかかわらず、すなおに「愛しています。許してください。ごめんなさい。ありがとうございます。」を事あるごとに唱えるようになり、気分ががらっと変わってきたようで表情がたいへん明るくなってきました。私の家庭ではすばらしい相乗効果が現れたようです。
この間も家内に、「私の残りの人生はホ・オポノポノに専念するけれども、あなたはどうする?」と聞きましたら「もちろん一生続けていくよ」との返事が返ってきました。
今は二人で「これまでいろいろやってきたけれど、こんなに簡単で、お金もかからず、即効性のあるものはないよね」などと話し合っています。
不思議ですね。ただただ感謝あるのみです。

ホ・オポノポノその後

ずっとご無沙汰です。
全く書き込みをしていなかったのですが、このブログでも以前に2度ほど書き込みをしたホ・オポノポノですが、書き込みをしない間にインターネットでは実に沢山の記事がアップされるようになって来たのは驚くばかりです。
私が初めてホ・オポノポノを見つけて、なんとこんなことが本当にあるのか?まさに現代の秘法ではないかとびっくりもし、また何とかこの素晴らしい秘法を自分のものとしたいという意識がおなかの底からわきあがってきてこのブログに書き込みをしたのですが、それからもう2冊の本が出版され、今では日本で開催されるセミナーもあっという間に満席になってしまうなど、この広がり方は尋常なものではないように思います。
この現象は、今この時にういった覚醒やさとり、また平和や癒し、本当の自由といったものをいかに多くの人が求めているかという証しでもありますし、またこの広がりがどんどん大きくなり、人間意識を大きく変えていこうとする予兆なのだと確信するようになってきました。
最近は毎日
「愛しています」「ごめんなさ」「許してください」「ありがとうございます」
の4つの言葉を唱えクリーニングの実践を欠かさずしているのですが、体が急激に変化したせいか、今夏は一気に昔からの身体にたまっていた悪いものが噴出したようで、身体的にはたいへんつらいものがありました。しかし、それを完全に乗り越えたわけではないものの、体がたいへん軽くなり、重々しい気分がだんだんと解消されていくのが感じられ、この秘法の効果のすごさに驚かされます。
ヒューレン博士の本にも体が重たく感じられるのは潜在意識が重くのしかかているからであり、潜在意識をクリアーにしていくと身体もたいへん軽く感じられるようななってくると書かれています。
まさに納得の一言です。
出版された著書も必ずどこへ行くにも持ち歩いて、何回も何回も読んでいますが、読むたびに新しい気づきがありますし、こんなに簡単でこんなに効果的な運命改善方法があるのかと感謝以外の何ものもありません。
長年意識変革の試みは何十年も細々と、しかしたゆまず追究し続けてきましたし、そのせいもあるのか、まだそれほど人生を大転換させられるような大き出来事はないのですが、毎日毎日の人間関係や公私ともども私を取り巻く環境、さらに私の意識は以前の進み方よりも急速に変化しつつあるのを感じています。
このクリーニングは四六時中、寝ている間にも無意識の習慣ともなるように継続していきたいと思っています。
ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになるホ・オポノポノ 神聖なる知能が導く、心の平和のための苦悩の手放し方
あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法

愛しています。ありがとうございます。

最近凝っているものに引き寄せの法則があるのですが、まあそれとほとんど同類といってよいのが、ホ・オポノポノですね。
ホ・オポノポノは前にも書きましたように、「愛しています」「ごめんなさい、許してください」「ありがとうございます」を自分のハイアーセルフに対して常に言い続けることによって、自分のまわりを変えていくというものです。私はこれを、いざというときの人間関係に応用しています。
私の場合は官庁から仕事をいただいて検討の成果を説明するということが多いのですが、また、時にはその成果の検査などもあります。そういった場合に初対面の方と瞬時に渡り合うことになったりするのですが、なかなか対面を重ねたうえでの信頼関係といったことがができていないことがあると、ちょっとした説明の仕方や受け答えで、こじれてしまうなどのことも生じることがあります。
また、時には偏屈な方などもおられたりして、往生することもあったりします。そういうときに、この「愛しています」「ありがとうございます」を相手の方のハイアーセルフさんに心の中で言いかけたりしますと、急に相手の方の表情や態度が変化することがたくさんおこってくるのに気が付きました。
この体験はなかなか快感です。
「愛しています」「ありがとう」は魔法の言葉です

「奇跡の癒し」ホ・オポノポノ

ちょっとこのごろ疲れ気味だったので何か心の癒しになるものを・・と考えているときに素晴しい感動的なお話を見つけましたのでご紹介(引用)したいと思います。
以下、「奇跡の癒し」ホ・オポノポノについての物語です。

私は二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(注釈:刑法罰に問われる犯罪を侵したものの、 精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと) の病棟に収容されていた人たち全員を、 誰一人直接診察することなく癒したそうだ。
そのセラピストは患者のカルテを読み、 「自分が」どのようにして その人の病気を創りだしたのかを理解するために、 自分の内側を見たのだそうだ。そして、彼が自分自身を癒すにつれて、患者も改善したという。
最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。 自分自身を癒すことによって 他の誰かを癒すなんてことがどうやってできるだろう? 最高の自己改善の達人であったとしても、 どうやって犯罪を侵すようなひどい精神障害者を癒すことができるだろう?
私には理解できなかった。 論理的な話ではなかったので当時の私は受け入れなかった。
しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。 セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。 初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、 私はもっと知らなければならなかった。
私は「完全な責任」とは、私の言動に対する責任は私にあるという意味だと前々から理解していた。一方で、 他人の言動のことは、自分の管理を離れていると。ほとんどの人たちは完全な責任というものを そのように考えているのではないかと思う。私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、他の人の行いに対してではない。精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、 私に「完全な責任」についてのより発展した新しい観点を教えてくれることになった。
彼の名はイハレアカラ ヒュー レン 博士。 私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。 彼にセラピストとしての仕事の全貌を 語ってくれるようお願いした。 彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。 触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、 心理学者は月単位でやめていき、 職員はよく病欠の電話をかけてきて、やめていく人もいたそうだ。人々がその病棟内を歩くときには、患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。
レン博士は実際には、一度も患者を直接には診なかったのだそうだ。
彼は自分の診療室を持ち、その部屋で患者のカルテに目を通すことに合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。そして彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。
「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。 「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」
私は畏敬の念に打たれた。
「それだけではありません」彼は続けた。 「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。常習的欠勤や退職は消え去りました。患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、最後には必要以上の人数の職員が残りました。現在、その病棟は閉鎖されています。」
ここで私は問わなければ気がすまなかった。「それらの人々に変化をもたらすようなどんな事を、あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」
「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を癒していただけです」と彼は言いました。
最初、私には分からなかった。
レン博士は説明した。「あなたの人生への完全な責任とは、あなたの人生の中の全てが単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由であなたの責任なのだ」と。文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。
ヒャー。これはなかなか納得できるものではない。自分の言動が自分の責任だということと、 私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が私にあるというのは全く別の話ではないか。それにもかかわらず、実際のところは、もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、あなたが見たり、聞いたり、触れたり、その他どんな方法であれ、あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。それはあなたの人生の中にあるのだから。
これはつまり、テロリストの活動、大統領の決断、経済活動など、あなたが経験していて好きではないことを癒すのは、あなた次第だということである。言ってみれば、それらは存在してはいないのだ。あなたの内面からの投影である以外には。問題は彼らに関するものではなく、あなたに関するものであり、それを変えるには、あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。
このことは把握するのも難しく、ましてやそれを受け入れて実際に生きることはもっと難しいとわかっている。非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。 彼にとっての癒し、そしてホ・オポノポノにおける癒しとは、あなた自身を愛することなのだと。あなたが自分の人生を改善したければ、あなたは自分の人生を癒さなければならない。もしあなたが誰かを癒したければたとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても? あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。
どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと私はレン博士にたずねた。患者のカルテを見ていたときに、彼は具体的には何をしていたのだろう?
「私はただ『ごめんなさい(I’m sorry)』と 愛しています(I love you)』を何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。
That’s it? それだけ?
That’s it. それだけです。
つまり、あなた自身を愛することが、あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法であり、あなた自身を好転させるにつれて、あなたはあなたの世界をも好転させるということだ。 (キリスト教では、これと同じ事を「何よりもまず私を愛しなさい」という神様の言葉として説明している)
これがどのように機能するかの簡単な例をあげてみよう。
ある日、誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。過去そういう時には、私は自分に感情的な反応を引き起こすものについてワークしたり、あるいは意地悪なメッセージを送ってきた人に理を説こうとすることで処理したものだった。
今回私はレン博士のメソッドを試すことにした。私は「ごめんなさい」と「愛しています」を
声に出さずに言い続けた。特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。私はただ愛の精神を呼び起こし、この外側の状況を創り出した自分の中を癒そうとしただけだった。
一時間もしないうちに同じ人からメールが来た。彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。
私は謝ってもらうために 外側に何も働きかけをしていないことを覚えておいてほしい。 私は返事すら書いていなかったのだ。にもかかわらず、「愛しています」と言うことで、私はどういうわけか彼という存在をこの世界にあらしめていたていた 自分の内側を癒すことができた。
その後、私はレン博士が開いたホ・オポノポノのワークショップに参加した。 彼は今では70歳で、優しい祖父のようなシャーマンと見なされていて、少々引きこもりがちである。 彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。私が自分を向上させるにつれて、私の本の波動が上がり、人々が本を読むときに皆それを感じるだろうと彼は語った。
要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。
すでに売られて外に出ている本についてはどうなんですか?と私はたずねた。
「それらの本は外にあるのではないよ。」 と彼は述べた。
彼が持つ神秘の知恵に私はとても驚いた。「それらの本は未だにあなたの中にあるんだ」
つまり、外なんてないということだ ! !
この高度な技術を、それが値する深さとともに説明しようとしたら、
本が一冊書けるだろう。あえて言うなら、あなたがあなたの人生の中のどんなものでも改善したいのなら、見るべき場所はただひとつ、あなたの中である、ということだ。
“When you look, do it with love.”
「あなたが見る時は、愛をもって見るように」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
追補:レン博士のメソッドでは、4つの言葉を繰り返すことで自分を癒すということです。
その言葉とは
1 “I love you”(愛しています)、
2 “I’m sorry”(ごめんなさい)、
3 “Please forgive me”(許してください)
4 “Thank you”(ありがとうございます)
です。これらの4つの言葉を 内なる「The Divine」に対して言います。
これらの言葉は、自分を浄化するための言葉で、これらの言葉を繰り返す際には必ずしも感情を伴わなくても良いとレン博士は言っているということです。
けれども、とにかく心の底に届くまで、何度も何度も繰り返すのだそうです。
私はこの話しを教えてくれた兄弟と、私たちの創造主に心からの感謝を捧げます。

以上引用ですが、私もこの癒しについてぜひ研究・実践してみたいと思います。

人生を楽しく生きるために! TOP » ホ・オポノポノ