コラム | 人生を楽しく生きるために!

不思議な夢

昨日本屋で長時間、何冊かを立ち読みをしていましたが、なんとなく久しぶりに、ある本が自分を呼んでいるような気がしました。
まずその本は帰りに買って帰ろうと思ってマークしておき、その他の本をたっぷり立ち読みしました。久しぶりに充実した、得をした気分でした。
さて、買って帰った本は藤崎ちえこさんというかたが書かれた「天国の法則」という本で、最近元ソニーの技術者である坂本政道さんが「死後体験」で紹介されたモンロー研究所、ヘミシンクという技術が広く紹介されてブームにもなっていますが、ヘミシンクを使ってセミナーなどを開催しておられる方の宇宙次元世界の紹介本です。
最近はこの手の本はちょっとお休みで、株関係の、超現実的な、人間の最もどろくさく、欲望に満ちた世界にひたっていましたので、そのバランスをとるということ、また生きる世界の波動を低い波動から高い波動に調整してくれるという意味でも素晴らしい本でした。
これまでもこの手の本は数限りなく読み尽くした気がしていたのですが、なんとなくまた新鮮な思いで読みふけることが出来ました。
人間がなぜこの世界で肉体をまとい、色んな苦労を余儀なくされるのか?また、何が人間の目標なのか、どう生きるべきかを本当にわかりやすく書いておられます。
特にうまく書かれていると思ったのは、人間には誰しもいろんな願いや希望があるのですが、人間として成功したときの気持ち、裏切られたときの気持ち、挫折したときの気持ち、悲しみや愛する気持ち、いろんな感情をいろんな立場に立って経験した後でなければ、それらの希望や願いがかなったとしてもそれらに振り回されてしまい、それを自分の物としてうまくつかいこなすことはできないといったようなことが書かれていました。これはお金を例にとって言えば最も判りやすいことでしょうね。すべてを体験していなくて大金をつかんだ人は必ずといってよいほどそのお金に振り回され、悲しい結末を味わっています。
すべてに達観して感情にふりまわさえず人生の貴族になるためにはいろんな人生経験や感情を体験し、それを自由にあやつりながら神様から与えられた役割をうまくやりこなすことが必要なのでしょう。
また当分の間毎日かばんにいれて、いつでも何回も読めるように持ち歩きそうです。
最近はよい夢もつらい夢もいろんな夢を見るのですが、夢を見ているときは異次元体験をしているのだということを実感します。
起きているときも想念を切替えるだけで瞬間に夢モードに入り、その場で過去の夢を再体験することができるようになり、その快感を味わっています。また夜に寝て今日はどんな夢を見られるのかなと思うと昼と夜と2倍の人生経験をできるので大変得した気分になります。
時にはこのまま行くとこの世に帰ってこれないのではないかと思い、あわてて夢を切替えざるをえない怖い思いもするのですが・・・・
さて今日もそろそろ夢の時間が近づいてきました。どんな夢を見られるのかな・・・・

新年おめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
昨年は甲申の年。私は思わぬ縁から転職をしたり、家内にとっては何十年来の夢であった本の出版が、本当にラッキーな巡りあわせから秋生真里(あきうまり、aquamarin)というペンネームで実現するなど色んなことがありました。
さらにうれしかったのは長男がどうしてもやりたい建築の道を進むという夢を実現させ、建築設計会社に就職し、社会人になって手を離れたこと。
また次男も厳しい就職活動をうまく切り抜け某オンリーワン企業に就職が決まったことです。今この時代会社に永久就職する時代では既になくなってはいますし、全ての人が本当に自分の役割は何か、本当にやりたいことはどういうことかを考えていくべきターニングポイントに立っており、会社にべったりと依存する時代ではないとは思いますが、従来型の企業に身をおいて長所や短所を経験する機会は社会人になる今しかない訳ですから、貴重なチャンスではあると思います。
今年は3男が就職活動をする年になり、またまた気を許せないことになりそうです。
今年の初日記がこの1月3日になってしまったのも、今年は東京にいる2人の息子、松本にいる3男、岡山で同居する末娘と我々夫婦と
何年かぶりに一堂に会することができ、ナポレオンといううトランプ遊びに徹夜も意に介さずに熱中していたのが原因です。
ナポレオンというのは本当に奥が深いゲームで、このナポレオンをみんなで楽しむことが一家の団欒と、笑いが絶えない家族としての大きな役目を果たしており、我が家の引き継がれるべき伝統文化(大げさですが)になれば楽しいのですが。
今年は乙酉の年、私にとっては社会に対する外向けの活動が前進力を増すときです。
もう子供達もそれぞれに一人前に頼もしく巣立ってきたので、今年からはさらに今後の自分自身の夢の実現に向けて再出発をしたいと思っています。

コンピュータ雑感

水というものは大変不思議なものです。人間の体も70%は水ですし、人の心をなぐさめてくれたり、悪いものを洗い流してくれたり素晴らしい、無限の力を持っています。
水を的確に表した、昔から有名な詩があります。私の最も好きなものなので、紹介したいと思います。
1.自ら活動して他を動かすは水なり
2.障害に遭いて激し、その勢力を自在にするは水なり
3.常に己の進路を求めてやまざるは水なり
4.自ら潔うして他の汚濁を洗い、しかも清濁併せ容らるるは水なり
5.洋々として大海をみたし、発しては雲となり、雨と変じ、凍っては玲瓏たる氷雪と化す。しかし、その性を失わざるは水なり

人生を楽しく生きるために! TOP » コラム