Google八分

今日はNHKのBS2で以前放送された「NHKスペシャル・グーグル革命」の再放送をしていました。最近ずいぶん話題のグーグルですが、昨日書店に行って「グーグル八分」という言葉があるのを知りました。
初めは何のことかさっぱりわからなかったのですが、グーグルがあまりにも社会的影響力を持ちすぎ、グーグルの検索に掛かるか掛からないかが企業の死活問題ともなっていることから、いわゆる「村八分」ならぬ「グーグル八分」という現象も生まれてきているとの事です。わざと検索にかからぬように排除するということもあるようで、怖い話ですね。
グーグルの目標は、もし世界政府というものがあるとしたら、それに必要な情報とシステムをすべてつくること・・・なのだそうで、むべなるかなとも思います。
グーグル社員の将来目標には世界支配や株式市場の独占などのようなことが書かれていました。冗談で済めばいいけれど・・・


グーグル八分とは何か (新書)
吉本 敏洋 (著)
グーグル八分
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
グーグル八分(グーグルはちぶ、Google八分)とは、インターネットの検索エンジンであるGoogle(グーグル)で本来なら上位に表示されるはずのウェブサイトやウェブページが、検閲などにより検索の対象から外れるよう操作され、検索の結果に表示されない状態をいう。村八分になぞらえて呼ぶ言葉である。

この記事を読んでいる方はこれらの記事も読んでいます

スポンサーリンク

面白い話題

Posted by admin