SIM交換不要の次世代クラウドWiFi”

[進化したPocket WiFi]

SIM交換不要バナー(640x100)

これまで海外でPCやスマホ、携帯を使うには、訪問国毎に異なるSIMを購入し、そのSIMを国毎に差し替えて使う必要があり、時間がないときや、またトランジットなどでSIMを購入する時間がない旅行者にとってはたいへんな不便を強いられてきました。

しかし、今、一台で世界中を飛び回れるPocket WiFiが開発されて、旅行者にたいへん喜ばれています。。
それが次世代クラウドWiFi「グローカルネット」です

① SIMを使わないPocket WiFi

Pocket WiFi端末に直接SIMを挿し込んでインターネットを利用していたのが、従来の利用方法だでしたが、クラウドWiFi「グローカルネット」は株式会社GLOCALNETが独自に保有しているSIMサーバーに既に世界100ヵ国以上のSIMが挿さっており、グローカルネット端末を海外に持っていき電源をつけると、端末が自動で今自分がいる国を特定しサーバーに位置情報を送ります。そしてサーバーからその国の最適なキャリアのSIMデータを端末にダウンロードしてくれます

これだけで自分がいる国のインターネットが利用できるようになるのです。

ここまでが全て自動で行われます。
私たちのやるべきことは、飛行機を降りたら電源を入れるだけなのです。

② 最適なエリア自動選択と快適な通信速度

日本国内でも通信キャリアは様々です。

主なところでSoftbank・DoCoMo・auがありますが、各キャリアによって通信エリアの良し悪しがあります。
通常では同時に3キャリアを扱うことが不可能ですが、SIMサーバーにすでに3キャリアのSIMが挿さっていればどうだろでしょう。

グローカルネットは自動で最適なエリアを選択し端末にダウンロードしてくれます。

一台で3キャリアを利用することが可能になり「○○ならこのエリアが繋がるのに…」といったこともなくなるのです。
もちろん4G LTEにも対応しているのでいつどこにいても快適なインターネットが利用できるのです。
※現状ではSoftbank・DoCoMoを保有。

③通信料金は使った日数分だけ

Pocket WiFiをレンタルした場合、渡航日数分の料金を先にレンタル業者に支払う必要がありますが、実際には7日間の渡航の間実際にPocket WiFiを利用したのは5日間でそれ以外は渡航先のホテルのWiFiを利用したりすることもあります。
しかしレンタル料金は7日間でしっかりかかってくるので損をした気分になってしまいます。
欧米などに渡航した際は、飛行機に搭乗したその日からの課金になり、飛行機の中など絶対に使わない日まで料金に含まれてしまうこともあります
更に周遊の場合はそこでかかる[渡航日数(飛行機内含む)×国数(端末数)]になるためかかるコストは大きくなってし。
これがグローカルネットだと、電源を入れた日のみの計算になり、使った日数分のみの課金とすることが可能です。(日々のリセット時間は日本時間午前9時)
7日間の渡航中5日間の利用であれば5日間分の料金のみですみます。
欧米に行くとしても電源を入れた日の計算になるため飛行機に乗っている日はもちろん無料。
更に周遊の場合でも端末は一台であるため[使った日数×端末数1台]とコスト削減での活躍は非常に大きくなります。

④世界均一価格

海外出張も出張先はアジア・アフリカ・オセアニア・南アメリカ・北アメリカ・ヨーロッパなど様々であり、エリアごとに料金も変わってきます。
アメリカなどでは平均レンタル料金が1,200円/日と結構な金額がかかってくるのが一般的です。

グローカルネットではこれを世界均一価格で3つのプランを設定しています。
・300MB/日 780円/日 ※日本国外は免税
・500MB/日 1,180円/日 ※日本国外は免税
・1GB/日 1,580円/日 ※日本国外は免税

これらのプランは月ごとに変更が可能です。(25日までの申し込みで翌月1日から適応)
仮に300MB/日 780円/日でアメリカに渡航すれば毎日420円のコスト削減になるわけです。
通信料金を抑えながら最適なエリアで快適なインターネットを使った日数分だけということですから素晴らしい商品なのはまず間違いないといえるでしょう。
利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”

⑤国内利用オプション

グローカルネットではオプションで日本国内通信プランも2種類用意しています。

【従量課金プラン】
一ヶ月で使った容量に対して料金が変わる従量課金プランです。
グローカルネットのこのプランで最大の特徴が[500MBまで無料]というところ。
ご利用の携帯電話のデータ容量が月末日前になくなってしまった。という時にグローカルネットでクラウドSIM利用しても500MBまで無料だからお得でしかありません。
例え500MBを超えてしまったとしても、グローカルネットの国内料金は格安で1GBまでは530円なのでお得で便利な使い方が出来ます。
利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”

【データ定額プラン】
グローカルネットの月額データ定額プラン最大の特徴は[無制限プラン]。
無制限といっても一般的には3日で1GB制限だったり、1日1GB制限だったりするのが一般的です。
もちろんグローカルネットの無制限プランにも制限はありますが、従来のプランと一味違うのは1日3GBまで使えるというところです
1日に3GBも使えるのだから制限としても利用者にはノンストレスな制限ではないでしょうか。
エリア毎に複数キャリアのインターネットが使えて無制限で3,980円(税別)/月とかなりお得な価格です。
ヘビーユーザーがスマホと使い分けるとスマホ代の節約になること間違いありません。
利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”

⑥SIMフリー端末でSIMカードスロットを2つ装備

出張が多いビジネスマンにも渡航日数が極端に長い人も少なくはないでしょう。
特に月の半分は日本で残りは国外1か国に常駐している人もいるのではないでしょうか。
そういう方はすでに国外での現地SIMやPocket WiFiを保有しており、レンタルの必要はなく、たまに違う国に行くときにPocket WiFiをレンタルしていると思われます。

正直レンタル手続きというのは非常に面倒で急な出張だとしてもレンタル手続きに時間を取られてしまいます。
それがグローカルネットはSIMフリー端末であり、端末自体にSIMカードスロットを2つ装備してあるので、いつも常駐している国の現地SIMをそのままグローカルネット端末に刺し込んで現地SIMのインターネットを利用できます

たまに行く日本国外出張時には同じグローカルネット端末でクラウドSIMのインターネットを利用。
グローカルネット一台で、レンタルの必要もなくいつも使っている端末一台ですべての利用が可能になります。
SIMとクラウドSIMの切り替えも端末内画面(タッチパネル)で出来るため、持っているSIMを刺したままにしておけます。いちいちSIMを抜いてなくさないように別保管しなくていいのは利用者としてはうれしいところではないでしょうか。
これで急な出張時もレンタルする必要がないため、レンタル手続きに時間を取られることも、出国前にレンタル業者の空港カウンターに出向く必要もなくなるのです。

⑦5,350mAh大容量バッテリー

よくレンタルPocket WiFiを利用しているビジネスマンの共通の悩みが「Pocket WiFiの電池の持ちが悪い」という悩み。
Pocket WiFiは平均的に6時間ほどで電池が無くなってしまうので、一緒に予備バッテリーを持ち運ぶ方も少なくありません。
一台を借りるために予備バッテリーを一台追加で持っていけば、ホテルに戻るたびにスマホ、Pocket WiFi、予備バッテリーを充電したりとACアダプターやUSBの数も増えていきます。
最悪なのは宿泊先のホテルで利用できるコンセントプラグ数が最大2個までだった場合などです。
こうなればどれかを犠牲にし、その後の外出先では電池の持ちを気にし続けなければならなくなります。
仕事をしに海外に来ているのに頭のどこかではスマホやPocket WiFiの電池残量に対する心配が拭えません。
なぜ、こんな心配をしなければならないのだとストレスを感じた方も多いのではないでしょうか。
それが解消できるとなれば相当うれしいはずだと思います。
グローカルネットは5,350mAhの大容量バッテリーを装備しており、最大15時間の連続利用が可能です。半日以上外を歩き回っていても何の問題はありません。
更に、グローカルネット端末からUSBを使ってお持ちのスマホやタブレットへのバッテリー供給が可能な為、一台でPocket WiFiと予備バッテリーの二役をこなしてしまうのです。
この一台でPocket WiFiへのバッテリーストレスだけでなく外出先でのスマホやタブレットのバッテリーストレスまで解消できるというのだからビジネスマンにとってはマストアイテムになることは間違いのないところです。

利用可能国は世界。次世代クラウドWiFi”GLOCAL NET”

★下記のクーポンコードを利用して申し込みいただくと、登録事務手数料3,000円が無料となります。
クーポンコード A3007E136

この記事を読んでいる方はこれらの記事も読んでいます

スポンサーリンク