マネーロンダリング | 人生を楽しく生きるために!

財務捜査が入ったバチカンの行方


今バチカンは、汚職批判の内部文書流出や、マネーロンダリング疑惑も浮上しており、信用はどんどん失墜していくばかりです。

そのバチカンの行方はどうなるのでしょう。

バチカンはこのところスキャンダル続きですが、ローマ法王庁がまたもやパニックに陥っています。

今回の原因は、法王庁の奇妙な会計手法をめぐるマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑です。
米大手銀行JPモルガン・チェースは今月末、バチカンの国家財政管理を担う宗教事業協会(通称バチカン銀行)がミラノ支店に保有する口座を閉鎖することにしました。送金活動の疑問点について説明を求めましたが、バチカン側が「対応不可能」だったためということです。

問題の口座は毎日、営業時間終了の時点で残高がゼロになっていました。
イタリアの経済紙によれば、09年の開設直後から短期間で総額15億ドルを、バチカン関係の別の口座へ送金していたといいます。
これほどの大金を短期間に送金したのはなぜなのか。納得のいく説明は得られていません。

イタリアの財務警察は10年9月にバチカンの資産3300万ドルを一時凍結し、粉飾会計の疑いがあるとして捜査を続けていました。

 バチカンのカネが「清らか」でないことは、1月にイタリアメディアに漏洩された機密文書の内容からもうかがえます。そのいい例が、バチカン市国行政庁幹部だったカルロ・マリア・ビガノ大司教の書簡だといわれています。

 昨年3月にローマ法王ベネディクト16世宛てに送った公的な書簡でビガノは「私がいま転任すれば、各部門に巣くう汚職や権力乱用を一掃できると信じる人々が戸惑い、落胆するでしょう」と、法王庁に対する汚職対策の継続を訴えました。しかしビガノは昨年10月、駐米ローマ法王庁大使としてワシントンへ飛ばされたのです。

バチカン銀行を閉鎖せよ

法王庁の広報担当者が「バチリークス」と名付けた文書漏洩事件を受け、バチカンは内部調査に乗り出しました。
健全さを証明するため、できる限りの行動を取っているというのが法王庁の主張です。10年末には、財務情報監視局を設立。国際機関からマネーロンダリング防止規制を遵守しているとのお墨付きを得て、疑惑を一掃するのが狙いでした。

 努力もむなしく、カネをめぐる法王庁の評判は傷つく一方で、米国務省は3月上旬、今年度の「国際麻薬統制戦略報告書」を発表し、マネーロンダリングに利用される懸念がある国のリストに初めてバチカンを加えました。

「バチカンを清浄化する最良の方法は、言うまでもなくバチカン銀行を閉鎖することだ」と、ロイターの経済コラムニスト、ピエール・ブリアンソンはブログで指摘しています。「バチカン銀行は、財政管理活動を秘密のベールで覆うために存在しているとしか思えない」 
バチカンのマネーロンダリング疑惑や汚職疑惑が取り沙汰されたのは初めてではありません。30年前には、バチカンの資金管理を行う銀行の頭取が変死する事件も起きたりしています。

このようにこれまでは隠しに隠し、まわりから保護されてきたバチカンも、これからは今までどおりには行かなくなったようです。

日本の政治家たちの中にも、バチカン銀行が閉鎖されれば、隠していた賄賂が引き出せなくなると、困っている人がたくさんいるようです。

これもアセンション、地球の意識・次元向上の1過程として歓迎すべきことですね。

人生を楽しく生きるために! TOP » マネーロンダリング