奇跡のコースでは「赦し」が大きなテーマです

赦しについて

奇跡のコースでは「赦し」が日々実践すべき最も大きな課題です。
しかし、「赦し」という概念は、これまで我々が経験してきた「許す」という通常の概念にひきずられて、なかなかコースの「赦し」が実感として理解できません

そこで、これまで我々が馴染んできた「赦し、許し」とコースの「赦し」の違いを考えて見ましょう。

一般的な赦しの概念

あなたは、社会に顔向けできない罪を犯したり、人を傷つけるようなことを言った。
あなたは悪い人間であり、またあなたのしたことは悪い事です。
でも私は寛容であり、あなたより優位な立場にあるのでそういうこともなかったことにしてあげましょう。

これが一般的に想像される許しということかと思います。

しかし、奇跡のコースでいう赦しは根本的にこれとは異なっています。

コースの赦しの概念

(他人が悪いと思って怒りを覚える場合)
あなたは神がつくった不死の精霊です。
あなたがした行いも言った言葉も、実際には何も起こらなかったことなのです。ですからあなたも私も全く何の罪もなく、全く無辜の存在です。

(私が悪いことをしたなど、自分を責める思いが起こった場合)
私は神がつくった不死の精霊です。
この肉体は単なるイメージにすぎません。
私とは何の関係もないもので、私も全くの無辜です。

このように書くと、罪を認識せず、私もあなたも悪くないなんて、反省も何もなく傲慢ではないかと受け止められるように思えるかもしれません。

また、相手のしたことや言ったことに怒りを感じる場合は、「なぜそんな人を私が赦さなければならないの」「そんなことを赦したらつけあがるだけじゃないの」などという感情がわきあがってくるのが普通です。

しかし、これらのことは本当は自分の潜在意識の中にあって、深く閉じ込められた罪の意識が、突然湧き上がってきて、他の人への攻撃として自分の外側に投影しているだけ、あるいは深く落ち込むことにより自分をも攻撃してしまっているだけなのです。

この世に起きていることは一見現実として確固としたもののように見えますが、実際には何も起きているのではなく単なる自分自身の潜在的無意識が外側に投影した夢にすぎないという考え方に転換することであり、この点において、これまで私達が行って来た視点と根本的に異っているのです。

コースは理論を勉強して知識を増やすとか。思想を習得するというものではありません。

毎日毎日、一瞬一瞬に起こる出来事に、不快な感情が生じたら、一呼吸を置いてそれらの感情を見つめ、良いことも悪いことも赦していくことを通して、

・この世が夢であること。

・本当の自分は無辜の存在で、神の王国を離れたことのないスピリチュアルな存在であること

を体得するための継続的なワークを行っていくものなのです。

たゆまないワークを毎瞬,毎瞬行っていくことが奇跡のコースが求めるものであると思います。

いいかえれば、「真の赦しが私の第2の天性になる」ということですね。

そしてこの行為をくりかえしていくことで潜在的無意識がどんどん玉ねぎの皮を一枚づつむいていくようにきれいになって行き、遂にはこの夢(幻想)も完全に無くなってしまうと言われているのです。

赦しのカリキュラム (価格改定新版)

この記事を読んでいる方はこれらの記事も読んでいます

スポンサーリンク