2012年のアセンションが近くなってきました。
地球と人類の次元上昇が楽しみですが、ある本に、2つの太陽ができるのではという情報が掲載されていました。
半信半疑で、あまりぴんとこなかったのですが、インターネットでは以下のような情報が書かれていました。
またテレビでも詳しい報道がされていたようです。

冬の夜空に輝くオリオン座、その肩に位置する赤い巨星ベテルギウス。地球から640光年の彼方にあり、直径が太陽の1000倍という、とてつもなく大きな星だ。
オーストラリアの研究者によると、そのベテルギウスが、2012年に星の最後をむかえ超新星爆発し、地球にとって2つ目の太陽となる可能性があるというのだ。この発言に海外のネットユーザーは騒然、さまざまな議論を巻き起こしているのである。
超新星爆発とは、星がその一生を終え、最後に大爆発を起こす天体現象である。実はベテルギウスは現在急速に収縮中であり、ここ15年で大きさが15%縮んだという報告がある。
また2010年には、NASAがベテルギウスの表面が変形している写真を公開しているのだ。ベテルギウス爆発の前触れが各地で観測されており、いつ超新星爆発をしてもおかしくない状態なのである。もっとも、地球から見えるベテルギウスは640年前の姿なので、実際のベテルギウスはすでに爆発している可能性もあるという。
南クィーンズ大学の物理学者ブラッド・カーター博士によると、「もし超新星爆発が起きたら、少なくとも2週間は2つの太陽が見られることとなり、そしてその間、夜はなくなるだろう」と驚きの事実を語り、さらに、「このスターウォーズみたいなシナリオは、場合によってはもっと先のこととなるかもしれないが、2012年までに見られる可能性がある」というのだ。
2週間も夜がなくなってしまったら、一体どうなってしまうのだろうか? このような大規模な天体現象ともなれば、地球に及ぼす影響も計り知れないだろう。

あるブログにこんな話がのっていました。
TVで脳の番組に紹介されていたそうなのですが、共感覚の人っていう方がおられるそうです。
色・文字・音、など感覚器から入る五感の情報のすべてが「味」に変換されてしまうので、すぐに刺激が容量オーバーになって気持ち悪くなってしまうということです。
いろんな情報が味に変換されてしまうなんて聞いただけでもぞっとします。いい五感情報が入ってくるときっといい味がして心地よさそうですがいやな五感情報が入ってきていやな味を味わうなんて聞いただけでもたいへんだなあと同情してしまいます。
その男性が家の中のすべてのものを青色にしてたのが印象的だったとのことです。青色にしているとニュートラルでいられて落ち着くのだそうです。人間の脳というものはつくづくふしぎなものだなとつくづく思いますね。

前々からなのですが、最近特に気になっていることがあります。
それはマヤ暦が2012年で終わっているということです。何を意味するのかたいへん興味があります。
インカのマヤ暦、インディアンのホピの予言、日本の「日月の神事」など世界中に同じような言い伝えなどがあり、ユングの言う共時性(シンクロニシティ)があるようです。
私は2012年から、これまでの世界とは全く異なった、本当のパラダイムシフトとも言うべき、素晴らしい世界が訪れるような予感がしており、これを見届けるまでは絶対に死ねないという気がしているのですが・・・しかし、それに到る経緯はたいへんなこともあるのでは。

今日はNHKのBS2で以前放送された「NHKスペシャル・グーグル革命」の再放送をしていまし ...

最近のニュースは面白いことが目白押しです。 ライブドア事件の成り行きは広域○○○や政治家が ...

 先日一人でオーリングテストができる機械がないかとインターネットを探していましたら、昔から ...

先日フリーメーソンについて書かれた「石の扉」という本を買い、あまりに面白いので1日で一気に ...

イギリスにシェルドレイク博士という生化学者がいます。その人によると自然界には電気や磁気や重 ...

今世界中が大きな転換期に立っていますが、とりわけ私が現在住んでいるだけに日本の状況を見ると ...

 十数年前に私にとって人生の生き方を左右する程のインパクトを与えてくれた雑誌記事がありまし ...