2019年の3月にアーシングを始め、それまで何度も足のはれやひざの痛みを繰り返してきた悩みが、うそのように解消されました。

それ以降、毎日欠かすことなくアーシングを続けてきました。2020年、今年のゴールデンウィークまで全く再発せずに本当に痛みしらずの感謝の毎日を送っていたのですが、新型コロナで外出もままならず、座ることの多い生活が極端になったせいか、なんとなく左足首に違和感を覚え、アーシングを念入りに行っても腫れと痛みが少しずつ起こってくるようになりました。

それもいったんはおさまったのですが、5月末から6月にかけて、痛みが強烈になり、松葉づえなしではトイレにも行けないほどに悪化してしまいました。

足腰の痛みはアーシングを毎日行い、免疫を下げないように細心の注意を払うことで再発は絶対しないものと思い込んでいた私にとって大きなショックを与えるものとなりました。

病院やカイロ、整体、マッサージなどが全部だめでもアーシングが救いの神であった私は、今後どうしたらいいのか、毎日痛み止めを飲んでごまかして生きていくしかないのかと絶望しかけました。

 そこで何とか痛みをとる良い施術はないのかとインターネットで探しに探した結果、ふと「指一本で痛みを取る」というユーチュ-ブの動画が目に止まりました。

この動画は坂戸孝志先生が考案した緩消法という独自の施術法によって、あらゆる痛みを再発しないまでに治癒する方法です。

この緩消法を実践すると、私の場合などは左足のももからひざ、下肢部、足の甲、足裏までずっと痛みがひどいのですが、その原因は腰の筋肉がかちかちになって緊張していることにあるので、腰をやわらかくする特殊な方法を講じることによって、一切の他の部位の痛みは消えてしまい、腰を徹底的に柔らかくすることで全く再発もすることがなくなるとのことでした。
 この緩消法に関する動画を徹底的に見て、なにか「これはいける」直感的に感じるものがあり、だめもとで実践する決意をしました。

この緩消法は腰の筋肉を特殊なやり方でやわらかくしていくものですが、みようみまねでやってみて、足の痛みを解消することを期待しました。

足の痛みの治療をすることなく、こんなことで本当に足の痛みがとれるのだろうかという不安もありました。また足の痛みは強烈で、直接痛みを取ってほしいとも思い、緩消法で直接痛みを短時間で取る治療院もあるのですが、予約を取ろうとしたところ10日ほど先にしか予約が取れないとのことでした。

とりあえず予約だけは入れて腰の緩消法を始めることっとしましたが、始めた翌日からかなりの痛みが取れ、また腰の筋肉もはっきりわかるほどの柔らくなった感触があってびっくりしました。

とりあえず緩消法のあらゆる動画を研究して自分なりの感触を確かめ、4,5日続けましたが、当初は就寝するのに痛み止めが欠かせなかったのですが、2,3日目からは痛み止めは不要となり、トイレにも全く支障なく行けるほど痛みは解消してしまいました。

現在左足の痛みは全くなくなってしまいましたが、筋肉を柔らかく、特に腰回りの筋肉は柔らかく保持しなければ痛みは決して良くならないことがよくわかりましたので、今後痛みが再発しないように腰の筋を柔らかくすることに四六時中努力したいと考えています。

私はこの緩消法を継続して、その経過を皆さんにご報告したいと思います。緩消法では、痛みが統計的にとれたような感触が得られるだけではなく、痛みの解消法として唯一医学的なエビデンス(証拠)が報告されています。

あらゆる痛みに悩まれる方々がこの方法をマスターして本当に晴れ晴れとした毎日を過ごされることを祈るばかりです。

体の各所の痛みは、炎症が元となっていると言われます。
アーシングは即時に炎症を和らげ、解消してくれるために痛みが激減します。
私も本当に膝や太ももが痛くて歩けなかったものが1,2日でほとんど支障なく歩けるようになったことで、九死に一生を得たように感じました。
この感覚がおおげさな表現ではないことは、同じような痛みを体験したことがある方なら良く理解していただけるものと思います。
アーシングという本には、赤外線画像によってアーシングの効果を示した例が載せられています。

次のサイトでは、それをうまくまとめられており、それをもとに私なりに抜粋、掲載させていただきました。

1.例 肩と腰の炎症

以下の写真は、85歳の男性で、左腰と右肩に睡眠が妨げられるほどの激痛があり、痛みと硬直で目覚めるといった毎日を送っていました。
内科冶療に長く通っていたが、あまりよい結累が得られなかったそうです。アーシングをして一晩眠ったあと、痛み50%減って、歩いているときのこわぼりと痛みは75%改善したと報告しています。

左写真の矢印が示す部分は、極度の炎症と痛みがあった箇所です。右写真はアーシングを行なった2日後に撮影されたもので、左右均等な温度を示し、正常に戻っていることが分かります。
アーシングを行なって4週間後に患者は、たまに凝りを感じる以外は、肩と腰の痛みとこわばりが完全に消えたと報告しており、「元どおりの生活にもどることができた」と患者は述べています。

2.例 慢性的な痛みやコリの炎症

左がアーシングの前で、右がアーシング30分後の写真です。この2枚の写真から炎症が直ぐに治まったことがわかり、慢性的な痛みなどを含むさまざまな症状に対してアーシングが与える影響について説明できます。

3.例 つま先の冷え

左図はアーシング前の体の末端を示しています。
矢印が指しているのは、血行不良になっている部分です。つま先は、周囲の温度とほぼ同じなので写りませんでした。右図は、4日問アーシングして睡眠をとったあとの写真です。
血行が劇的に改善され。足が温まったことを示しています。

4.例 ゆび先の冷え

左図はアーシングを始める前の女性の手のサーモグラフィです。
指の冷えと血行不良に注目していただきたい。矢印が示す指の部分の温度が、部屋の温度と同じ温度だったので写りませんでした。これは「サーモ切断」と呼ばれている現象である。
右図では、女性の手がアーシングによって急激に温かく変化したことを示しています。

アーシングの仕組みとなぜ効果があるのかがわかる書籍
感激するほど素晴らしいアーシングの効果ですが、アーシングの理論と医学的な論拠などが書かれた書籍を紹介したいと思います。

1.アーシング


この本は海外での研究成果やアーシングの効果例が豊富に書かれています。
分厚い本ですが症例が豊富なので参考になります。

2.はだしで大地に立つと病気が治る (体内静電気を抜くアース健康法)


この本は日本のお医者さんが書かれた本で、単なる表面的な静電気だけではなく、体内の脂肪や細胞レベル、ミトコンドリアレベルでのアーシングの医学的根拠が詳しく書かれ大変納得できるものです。
特に、アーシングの最大の得意分野であるアトピーの医学的根拠は必見です。
アトピーに長年悩まされてきた私にはたいへん納得できるもので、アトピーが日々解消されていくのが身をもって体験できるのがうれしいことです。

3.母なる大地との健やかコミュニケーション アーシングBOOK101


手軽に、表面的にアーシングを知るには良いですが、あまりにも内容がうすいように思えます。

ダウン トゥ アース
アーシングを紹介する動画です。

1.アーシングとは アーシング(グラウンディングとも言います)とは、地面とつながることです ...

1.どうしても治らない足の痛みがお金をかけずに即時に解消。 1年ほど前から足の調子が悪く、 ...

音と声で人生を変える!サウンドボイスヒーリングということで、久し振りに面白い研究をされてい ...

私たちが生きるうえで幸福になりたいという願望は最も強いものですね。 というより私たちは、い ...

この世の中が幻想の世界とわかっていても人間は常に悩み続けます。自我(エゴ)の要求を常に満た ...

お金にどう向き合うかは人生の大きな問題ですね? お金は私たちにとって大変大切なものです。 ...

これらの記事にも書きましたように、アトピーには水素水や水素風呂が素晴らしい効き目がある事を ...

ひどいアトピーの改善に何が一番効果があったでしょうか? 以前のブログで、私が小さい頃から小 ...

1.奇跡のコースでは肉体や病気はどう見るのでしょうか? 奇跡のコースではレベルの違いという ...

エックスサーバーXSERVERをなぜお勧めするのか? ホームパージやブログを運営しています ...